1.こんな方におすすめ

就職・転職、独立開業のために簿記2級の検定に合格したい方

就職や転職を想定した場合、特定の求人に対して多くの応募者がいることになります。採用者からすれば、大学や会社で単に特定分野の知識や経験を得ている応募者よりも、これに加えて客観的な資格を持っている応募者の方を優先的に採用することになると思います。日商簿記検定は非常に知名度がありますので、その合格者は、就職や転職の際に、他の応募者と比べて有利になると思います。特に経理系の求人では、簿記2級検定の合格を応募条件としている場合もありますので、就職や転職をお考えの方にお勧めです。また、簿記2級は会社の経営管理にかかわる会計も学習しますので、会社で経営管理にかかわる方や自ら独立開業をして経営管理を行うことを目指す方にとっても、非常に役に立つと思います。

 

簿記2級の市販テキスト(特に連結会計や原価計算など)が難しそうと感じた方

簿記2級は、簿記3級と比べて非常に学習範囲が広く、また難易度も高くなります。簿記2級の講義をしていると、受講生から、特に税効果会計・連結会計・直接原価計算が難しいとお聞きします。私も、そう思います。これらは私たちが生活するうえで使うことも考えたこともなかったことだからです。でも、心配ご無用です。私が開講している通学講座では、これら難易度が高い会計分野についても、その導入部分から基本・応用の問題まで、受講生にとって分かり易いよう、順をおって丁寧に講義をします。なお、これら税効果会計・連結会計・直接原価計算など難易度の高い会計分野は、簿記1級への入り口でもあります。是非チャレンジしてください。

 

独学や通信教育では短期間に合格する自信がない方

独学や通信教育は、学習する時間や場所を自分でコントロールができるというメリットがある反面、ご自身でちゃんと学習時間を管理しなければなりません。ところが、学生でも社会人でも、やらなければならないことが多く、なかなか学習スケジュールを管理することが難しいのが現状です。その点、通学講座は、カリキュラムにそって、なかば強制的に学習が進行します。ましてや宿題や小テストが毎回のようにありますので、ご自身での進行管理は不要です。講座カリキュラムにそって、集中して学習していただければよいことになります。

 

 

2.受講のメリット

公認会計士が講師の短期合格メソッドの学習プラン!

公認会計士は会計のプロフェッショナルです。そのプロである私が講師を務め、短期合格に向けて計画的に講義をします。特に、受講生が『理解しづらい点』や『間違えやすい点』、検定問題としての『出題可能性・重要性』も熟知しています。講義時には、ホワイトボードを使って、税効果会計や連結会計など各種論点を分り易く、かつ間違えないように講義をします。特に、どのような観点から検定問題に取り組んで、早く正確に解答を導くのか、その手順を教室で講義します。是非、ライブで見て頂きたいと思います。

 

気軽に講師へ質問や相談ができます!

独学や通信教育は、通学講座と比べて多くの時間を必要とし、また間違った理解や暗記をしがちです。その点、私が開講している通学講座は、少人数制で、受講生の講義時の反応や小テストの出来具合を見ながら、その時その場で再度講義をしたり、別の観点からの説明を加えます。もちろん質問や相談は、いつでも受付けます(今まで、年末年始やGWなどにも、メールや電話で質問・相談を受付けました)。

 

講師や勉強仲間もいるから心強い!

通学講座は、独学や通信教育と異なり、講師と受験仲間がいるという点が決定的に異なります。そこには、良い意味でのプレッシャーが存在し、怠けようとする心を制御してくれます。また、同じ目標に向かって学習している受講生や講師の存在は、良い意味での安心感につながります。個々の問題に一人で悩むより、仲間がいた方が早く解決します。なによりも通学講座には、フェイスツーフェイスの安心感があります。是非ご一緒に学習し、簿記2級検定に合格しましょう!

 

 

3.講座の目標

  • 2020年11月開講のコースは、2021年2月28日の検定で、受講生全員の合格が目標!
  • そのため、各講座では、宿題や小テストも実施!
  • 講座は、毎週4時間(4コマ)を合計8回32時間(32コマ) 会場案内はこちら»

 

簿記2級カリキュラム

簿記2級の講義スケジュールは、次の通りです。(簿記3級コースはこちら»

  1. 簿記3級の復習
  2. 現金・当座預金、手形、電子記録債権・債務
  3. 商品売買
  4. 有価証券
  5. 固定資産①
  6. 固定資産②
  7. 引当金①
  8. 引当金②
  9. 資本金・資本剰余金・利益剰余金
  10. 外貨建取引等の換算
  11. 収益と費用、消費税
  12. 法人税等、税効果会計
  13. 本支店会計
  14. 連結会計①
  15. 連結会計②
  16. 連結会計③
  1. 工業簿記の全体像
  2. 原価の費目別計算①
  3. 原価の費目別計算②
  4. 原価の費目別計算③
  5. 原価の部門別計算
  6. 個別原価計算
  7. 総合原価計算①
  8. 総合原価計算②
  9. 総合原価計算③
  10. 総合原価計算④
  11. 標準原価計算①
  12. 標準原価計算②
  13. 直接原価計算
  14. CVP分析とその応用
  15. 総まとめ①
  16. 総まとめ②

※スケジュールは、一部変更する場合もございます。

 

 

講座のお申込みはこちら

講師の紹介

公認会計士 佐久間清光

簿記2級の学習は、3級と比べて格段とボリュームがあります。特に連結会計や原価計算など難易度が高い論点が数多く登場します。

このように難易度が高い論点も、講師のわたしが理解しやすく解説し、受講生の皆さんを短期合格に導くとともに、修得した簿記を今後いかに活用すべきか、その道筋を示します!

 

講師プロフィールはこちら» ブログ『知っとく簿記会計』はこちら»

講師紹介:佐久間清光