1.こんな方におすすめ

就職や転職のために簿記を学びたい方

日商簿記検定は非常に知名度の高い検定です。特に簿記3級の検定に合格していれば、そうでない方々と比べて、就職や転職に有利になります。経理や税務のお仕事だけではなく、総務職や営業職を希望する方にもおすすめです。

 

簿記3級の市販テキストを見たけど、とっつきにくそうと思った方

簿記は計算が苦手、専門用語が分からいなど取っつきにくい印象があります。でも、そんな心配はご無用です。通学講座は、簿記学習の導入部分から、講師が分かりやすく丁寧に講義し、受講生の皆さんを検定合格に導きます。

 

独学や通信教育では短期間に合格する自信がない方

独学や通信教育は、学習する時間や場所を自分でコントロールができる反面、ご自身でちゃんと学習時間を管理しなければなりません。その点、通学講座はカリキュラムにそって短期合格に向けて学習が進行しますので、ご自身での進行管理は不要です。

 

 

2.受講のメリット

公認会計士が講師の短期合格メソッドの学習プラン!

公認会計士は会計のプロフェッショナルです。そのプロが講師を務め、短期合格に向けて計画的に講義します。

講師は受講生が『理解しづらい点』や『間違えやすい点』、検定問題としての『出題可能性・重要性』も熟知しています。また、講師がホワイトボードを使って問題の解答を解説しますから、どのような観点から解答を導くのか、どのように時間をかけず解答するのか、その過程をライブで見ることができます。

 

気軽に講師へ質問や相談ができます!

独学や通信教育は、理解するまでに多くの時間を必要とし、また間違った理解や暗記をしがちです。その点、通学講座は、その場その時に受講生が理解できるよう、講師が質問や相談を受け付けます。また、簿記が会計実務でどのように利用されているのか、実際のところも講義しますので、検定合格後の実務にも役立ちます。

 

講師や勉強仲間もいるから心強い!

通学講座は、独学や通信教育と異なり、講師と受験仲間がいるという点が決定的に異なります。それは、良い意味でのプレッシャーとなり、また同じ目標に向かって学習しているという安心感にもつながります。一人で悩むより、仲間がいる方が安心です。

 

 

3.講座の目標

  • 2019年11月開講のコースは、2020年2月23日の検定で、受講生全員の合格が目標!
  • そのため、各講座では、宿題や小テストも実施!
  • 講座は、毎週2時間(2コマ)を合計8回16時間(16コマ) 会場案内はこちら»

 

簿記3級カリキュラム

簿記3級の講義スケジュールは、次の通りです。(簿記2級コースはこちら»

  1. 初めて簿記を学ぶ場合の導入編
  2. 仕訳→仕訳帳→総勘定元帳の流れ(基礎編)
  3. 伝票→仕訳日計表→総勘定元帳の流れ(基礎編)
  4. 試算表・精算表→財務諸表の流れ(基礎編)
  5. 現金、預金、小口現金、出納帳
  6. 受取手形と支払手形、手形記入帳、電子記録債権・債務
  7. 商品売買①(3分法、前払金・前受金、クレジット売掛金)
  8. 商品売買②(仕入先・得意先元帳、仕入・売上帳、商品有高表)
  9. 固定資産
  10. 貸倒引当金
  11. 経過・未経過勘定、仮払金・仮受金、立替金・預り金など
  12. 消費税、法人税、住民税及び事業税
  13. 会社の設立、増資、剰余金の処分
  14. 総合問題対策①(精算表の作成)
  15. 総合問題対策②(試算表の作成)
  16. 総合問題対策③(財務諸意表の作成)

※スケジュールは、一部変更する場合もございます。

 

 

講座のお申込みはこちら

講師の紹介

公認会計士 佐久間清光

簿記3級の学習は、初めて乗る自転車のようにコツがあります。コツをつかめば、スムースに上達して使いこなすことができます。

講師のわたしが受講生の皆さんに簿記学習のコツを伝授し、短期合格に導くとともに、修得した簿記を今後いかに活用すべきか、その道筋を示します!

 

講師プロフィールはこちら» ブログ『知っとく簿記会計』はこちら»

講師紹介:佐久間清光